ご紹介

米国に本社を置く医療機器メーカーが、グローバルな生産能力を増強する大きな計画を立てていました。この医療機器メーカーは、拡大するネットワークとデジタル資産を保護するために、集中的なサイバーセキュリティと近代化戦略を開発し、迅速に展開する必要がありました。

課題:

製造業では、標準化されたインフラの青写真がなく、新しい機能を実装するためのリソースが不足しています。ITとOTのネットワークがセグメント化されておらず、管理・セキュリティが難しいという問題がありました。

解決策:

Positkaは、4つのグローバル地域にまたがる7つのサイトに対して、Industrial Demilitarized Zone (IDMZ)を実装いたしました。Supervisory Control and Data Acquisition (SCADA)システムのグローバル展開のために、Purdueモデルを使用してネットワークセグメンテーションを実施しました。ネットワーク、データセンター、アプリケーションを監視・管理するためのマネージドサービスプログラムを導入しました。

結果:

リスク評価戦略は、医療機器製造業が直面するサイバーリスクを理解し、対処するために必要な知識とリソースを、同社が継続的に活用できる再現性のある手順で提供した点で成功でした。その結果、OTシステムの弱点が明らかになりました。

  • ネットワークブループリント
  • IDMZの実装
  • マネージドセキュリティサービス(MSS)
  • 実施12ヶ月間
  • 9 グローバルサイト

同じようなお悩みをお持ちの方は、マネージドセキュリティサービスをご覧ください。

お問い合わせ

メッセージの送信

一般的な情報をお探しの方、または特定の質問をお持ちの方、以下のフォームにご記入ください。 または、susan@positka.com まで
ご連絡ください。