組織を標的としたサイバー攻撃は近年急激に増加しており、企業の従業員に適切なセキュリティ意識を持たせる必要性が浮き彫りになっています。結果的に、企業がサイバー攻撃に対して持ち得る最善の保険は、従業員に対して効果的なセキュリティ意識トレーニングを実施することです。

企業のセキュリティ意識向上トレーニングの影響:

従業員は常にサイバーセキュリティのリスクにさらされていますが、効果的なトレーニングとシミュレーションによって、潜在的な侵害の可能性を軽減することができます。意識向上トレーニングは、従業員が防御的な対応をするための事前準備であり、セキュリティ侵害の可能性を最小限に抑え、財務データや顧客や従業員の個人情報など、企業の機密情報を保護することができます。さらに、セキュリティ意識向上トレーニングは、組織内にセキュリティ文化を醸成し、セキュリティに関する事項に関して従業員の警戒心や勤勉さを向上させることができます。

最終的には、従業員の意識と警告レベルを高め、その行動がネットワークや会社の資産にどのような影響を与えるかを明らかにすることが、意識向上のためのトレーニングの目標です。

企業では、セキュリティ意識向上トレーニングはどのように実施されているのでしょうか。

セキュリティ意識向上トレーニングは、さまざまな方法で実施することができます。セミナーや一対一の指導を選択した企業もありますが、オンライン教材を提供する企業もあります。トップクラスの企業では、常に増え続ける従業員に対応し、全員が必要なトレーニングを受けられるようにするため、オンライン方式を好む傾向があります。

オンライントレーニングは、小分けにされ、ビジュアルを伴っているため、従業員が効果的に内容を把握することができます。従来の講義やセミナーに比べ、オンラインでは情報の取り込み方を自由にコントロールできるため、各レッスンの長さも自由に設定できます。また、オンライントレーニングシステムは、個人の仕事の希望に柔軟に対応することができます。オンライントレーニングシステムは、社員が自分のペースでモジュールを進めることができる一方で、学習した内容に対する責任を持つことができます。

セキュリティ意識トレーニングの成功率を測定する要素は下記のとおりです。

  • 従業員の部署やレベルに応じた適切なトレーニングを実施する。

重要なのは、全社員が高度なセキュリティトレーニングについていけるとは限りません。適切な人に適切なトレーニングを提供することで、初めて実りある成果を得ることができるのです。

  • セキュリティ意識に関するアセスメント/クイズの実施。
  • 従業員がトレーニングに費やした時間は、従業員の関与を示す良い指標となる。
  • オンタイムで完了する。
  • アセスメントで不合格になった人が少ない。
  • 前月比の結果を比較すること。
  • 意識向上キャンペーン後にフィッシングキャンペーンを送り、実践的な知識を評価する。

企業にトレーニング&意識がなければどうなるでしょうか?

企業業務を安全に進めるためのトレーニングや意識向上のプログラムに必要な予算はどのくらいでしょうか?

お選びいただくサービスオプションによって、ご予算は異なります。マネジメント・サービスをお選びいただくと、安定したサービスを提供できるため、この分野の初心者の方に推奨され、費用の目安は「従業員1人当たり年間」です。チームが成長し、配信が安定するにつれ、ベンダーとクライアントの関係が良好であれば、ベンダーとクライアントの間で責任を分担することができます。

スーパーアドミン

著者はPositkaで最新のスマートセキュリティ技術に関する素晴らしいブログを書いている技術ライターです。

お問い合わせ

メッセージの送信

一般的な情報をお探しの方、または特定の質問をお持ちの方、以下のフォームにご記入ください。 または、susan@positka.com まで
ご連絡ください。